スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page up▲

たまってた写メについて日記を書いてみた【レース前日~レース3日目】

2009/11/18(Wed) 22:08
ヨット

レース日程は30日に開会式・レセプション、31日から3日までの4日間がレースという内容ヽ(´ー`)ノ

開会式が行われる予定の30日は、朝からセール計測をしたり
艇作業をしたりとまったーり過ごしました。

会場にはHARKENとGILLの出店みたいなのが来ていたので、ヒマを見つけては
足を運びました。ヒマジン・・・・・・・・・・(∩ ゚д゚)アーアーきこえなーい
サングラスとサンバイザー
買っちゃいました・・・・・・・・・orz

サングラスはもろもろの事情があって購入することははじめから決まっていたんですが
サンバイザーは全くの衝動買いです。本当にありがとうございますアッチ(・∀・)イケ!!


サングラスですが、前から欲しかった「CUTTER」という型のものが探しても店においてない!!

「いやー、前からCUTTERが欲しかったんですけど、ないですかねーヘ(゚∀゚ヘ)」

「あー。あれ人気で、入れてもすぐ売れちゃうんだよ。
でも、もしかしたら、明日CUTTERサングラス仕入れるかもしれないよヘ(゚∀゚ヘ)」

「・・・・・・買います!!!!! _|\○_ヒャッ ε=\_○ノ ホーウ!!」

という感じで、翌日取り置いてもらって購入したものです笑。思い入れ強いです。



作業の日といっても、大体のことは祝津で済ませてきているらしくレギュラー陣もまったりと
艇チェックをしたり、リコールナンバーを切ったり、余った部分で色々作ったり
思い思いの時間をすごしていました( ・д・)v-..o.oo.o○.o゚:゚○:。:oシャボンダマ
牛窓にて 470クルー陣
そして結局時間をもてあまし、昼寝。そしてちょっかいを出す上級生。

そうこうしてる内に開会式が始まり、レセプションが始まり。
酒を数本くすねて、宿に帰って夜ご飯です。


29日の夜から南風壮という民宿(朝夜ご飯付き)に泊まっていたのですが
そこはただの一軒屋でしたヘ(゚∀゚ヘ)ヘ(゚∀゚ヘ)ヘ(゚∀゚ヘ)ポー!!

「夜ご飯カレーとかだったら、どうしよう・・・(; ・`д・´)…ゴクリ」
「いや、さすがにカレーは・・・なんかもっと凝ったもの出してもらわないと・・・」
という期待(?)のもと、南風壮に行ってみると
期待通りカレーでした。

次の日はコロッケです。

でも、素敵なおばちゃん(他所から手伝いに来てるおばちゃん数名)とお姉さんと
四国に行ってたらしいおっちゃん(結局どういう関係のおっちゃんだったんだろう)がいる
素敵な民宿でした。ゴキブリでたけど。
まぁ、カリヨンのお風呂には10センチくらいのムカデが出たから、それに比べるとゴキブリの方が
可愛いもんでした(;´∀`)…うわぁ…
岡山のクモの大きさにも少々びびりつつ就寝。


次の日からいよいよレースです。
牛窓 初日出艇
なかなか風がふれるコンディションだったけど、天気もよくてレース日和ヽ(*´∀`)ノ
牛窓は島に囲まれているためあまり波も立たないので、ゴムチャも爽快です。

出艇 大介直久
牛窓では5Mはいると「牛窓の奇跡」と呼ばれているほど風がない海面だそうです。
微風が普通、みたいな。
それでも初日はコックピットとか入ることもあったようでなかなか順風でした。

出艇 ひでみ大地
ただ、潮が凄く強くて複雑なため、慣れてないと走り自体が難しいようです。
ゴムチャでも何度も潮を測りましたが、逆潮になったりもするし、潮自体が強くて驚きです。

去年は実際に自分がレーサーとして全国に出ましたが、今年も来れてよかったー(゚∀゚)ラヴィ!!
ヨットがいっぱいだー。
牛窓レース初日 朝
その後も風力的にはそこそこ安定した風が入ってこの日は3Rを消化することが出来ました。
レース初日 夕日


翌日。
牛窓は、海面自体がそれほど広くないため470級スナイプ級の全艇が一度に洋上にいることが
困難なため片方のクラスが出艇して、そのクラスがフィニッシュしだしたらもう片方のクラスが
出艇する、というなんともメンドーな仕組みになっておりました\(^o^)/
前日に470が3R、スナイプが2R消化だったため、この日はスナイプから出艇
それでも、風が安定しないのか何なのかずっとスタートする雰囲気もないまま。
470一同は陸上で今に470旗があがるんじゃないかとびくびくしながらも待機。
しかし、お昼近くまで粘って結局スナイプも着艇。

主将会議の結果、前線が近づいているためこのまましばらく待機とのこと(´・ω・`)ショボーン
そんなこんなしてる内に大雨が。。。Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

雨はしばらく降り続き

「いや、もうこれ今日レースやんなくていんじゃね( ・´ω・`)」

という空気が会場を支配する中、ノーレースの旗があがりました。

あの瞬間、会場が喜びムードでひとつになった・・・・・・( ´,_ゝ`)


その翌日。
「5M吹けば牛窓の奇跡」が覆った瞬間です。歴史的瞬間です((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

この日もスナイプからスタートということで、470は待機。
レース海面に向かうスナイプを見ていると・・・・・・・・・

「え。アレ、メインシバ入ってね・・・・・・(;゚ Д゚) …!?」

この日はMAXが15M近くも入るド強風でした。

スナイプは最初はレースをしていたようですが、沈艇続出、棄権する艇も続出
しかしレースは続行・・・してはいたようですが、14.8Mが観測され、その時点でノーレースに。
全艇着艇の指示が出されたものの、沈が起きない船やすでにマストがベンドしてしまって
走れない船が続出したため、各大学の支援艇にも救助要請が。

その光景はまさに地獄でした・・・・・・・・・コッ、コワ━━━━━(((( ;゚Д゚))))━━━━━━ッ !!!
出会う船、出会う船、全部がベンド。私の心が折れました。
海底が5Mくらいの深さしかなく、完沈するとマストが海底に刺さってしまうようです。

被害状況は、セール17枚、マスト30本、3艇とも出艇不可能になった大学3大学
と酷い有様でした・・・(´;ω;`)ブワッ

その後風が少し落ち着いてから470が出艇。
1Rのみでしたが、風が落ちついたとはいえブローで10M越えくらいの風はあって
沈艇も出るわフィニッシュできない船もいっぱいいるわの壮絶なレースでした。。。



黒球って、、、大事なんだ・・・!!!
。・゚・(ノД`)ヽ(゚Д゚ )ヨチヨチ
スポンサーサイト

trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 【2009年 現場レポート】, all rights reserved.
Calendar
08 | 2017/09 | 10

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。